読売テレビ、IDA 業務資本提携 デジタル映像コンテンツ・プロダクション と 在阪準キー局 イノベーションを活かしたコンテンツ戦略で協働

異色の展開を続ける映像コンテンツ製作スタジオ
在阪準キー局との提携・協業により、
国内・海外へ向け ジャパン・コンテンツ を展開!

讀賣テレビ放送株式会社〈本社:大阪市中央区城見2丁目2番33号 /代表取締役社長:望月規夫 〉
は、デジタル映像コンテンツ、キャラクター製作等を国内・海外で数多く手掛ける、株式会社IDA〈本社:東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331-303 / 代表:岡部淳也 >の株式を取得。読売テレビはIDAによるインターネットをインフラとした映像戦略や、映像コンテンツ・キャラクター・CG・特撮・造形等の制作力を評価、IDAは読売テレビによる制作支援、地上波インフラを期待。
現在IDAは、オリジナルキャラクター『 バ怪獣 ゴメラ 』を2012年より児童誌《 てれびくん 》(小学館刊行)にて連載中。誌面連載に併せ、付録DVD映像(年4回)を公開し、年間累計 約140万枚規模の露出を実現。又、自社企画製作による関連商品を通販サイト Amazon 上で販売。キャラクター権利元が、映像と関連商品の製作・販売の両方を行う今回の仕組みは、従来のキャラクター権利展開を一元化した新しいライセンス収益モデルを具体化している。今後IDAは、国内外のネット・インフラ上で映像配信と商品販売の連動モデルを展開させ、各国へ向けた多言語展開での映像配信、関連商品の販売を拡大させる。今後ロサンゼルス法人(CG映画制作受託窓口)やバンコック支社(タイ政府による産業奨励BOI<Board of Investment>取得)を通して様々な海外戦略を展開していく。

■本件に関するお問い合わせ
読売テレビ 総合広報部    川村 06-6947-2505
コンテンツビジネスセンター    藤門 06-6947-2101
IDA                大友 03-6803-2035


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る