冬眠する熊に添い寝してごらん

touminkuma

© Bunkamura シアターコクーン

【 2014 舞台 】

Bunkamura25周年記念公演の第1弾として、小説家・古川日出男の書き下ろし戯曲を、芸術監督・蜷川幸雄 演出で舞台化。
劇中にて、重要な役回りを担う 熊の親子、犬2頭を製作しました。
それらの口は、装着者のセリフ(顎)と連動して可動するギミックが搭載され、舞台演出の幅を大きく広げました。
更に、犬には暗部に溶けこむよう細工されたタイツによって人間の足では不可能な獣脚の表現を可能にしました。

touminkuma
touminkuma touminkuma
touminkuma touminkuma

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る