特殊造形に利用されるFPRとは

特殊造形を制作する心得とは

特殊造形物の制作をする上でも欠かせないFRP

特殊造形物の制作をする上でも欠かせないFRP
特殊造形にはFRPというものを利用することがあります。
FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略で、繊維、強化、プラスチックのことです。
繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強することによって強度が向上されます。
FRPは日常生活のあらゆる場所で見られますが、特殊造形物の制作をする上でも欠かせないものです。
特性は、耐候性や耐熱性、耐薬品性、断熱性に優れており、電気絶縁性があって電波透過性にも優れています。
また、様々な形状の制作に対応ができ、着色を自由にすることも可能です。
そして、軽量で強度的に大変優れているといった特性があるのです。
クオリティが高く、安全で使いやすい特殊造形物を制作するためにFRPを利用することが多いでしょう。
例えば、テーマパークに飾られているキャラクターの像や人形にFRPが利用されています。
普段は気がつきにくいですが、FRPが利用された特殊造形物はとても多いです。

FRPの繊維について

FRPの繊維について
FRPを利用して特殊造形物を制作する際は、適切な繊維を用いることがポイントです。
FRPは使用する繊維の違いによってCFRPやGFRP、KFRPと呼ばれます。
GFRPはガラス繊維です。
材料が安価で様々な形状になじみやすく、反転ができます。
また、形状の自由度が高いです。
硬化にかかる時間が短いため、短納期で制作することができます。
CFRPはカーボン繊維です。
ガラス繊維よりも価格が少し高くなりますが、強度の面では大変優れています。
積層数を薄くすると重さも軽くすることができるため、強度を必要とし、なおかつ重量を軽くしたい特殊造形物の制作に向いていると言えるでしょう。
KFRPはケプラ繊維です。
切れにくく、強度に優れています。
ケプラ繊維の持ち切れにくいという特性が、自由な形状の成形を困難にし、後加工がしにくいという面もあるため、注意しなければなりません。
どの繊維を使用するかは、どのような特殊造形物をつくりたいかによって異なります。
制作物のイメージを明確にし、形状や重量、強度などの要望を制作業者に伝えると、満足度の高い特殊造形物に仕上がるはずです。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る