特殊造形を制作する心得とは

特殊造形を制作する心得とは

ドラマや映画で活躍している特殊造形物

ドラマや映画で活躍している特殊造形物
特殊造形の技術は様々な場面で活躍しています。
ドラマや映画にもたくさんの特殊造形物が登場しており、欠かせないものとなっています。
ドラマや映画の特殊造形を制作するにあたって、心得ていることは芸術的に見せながら、そのストーリーの背景、人物の感情を考えた上で制作することです。
特殊造形で活きた感情を想像させることもできます。
「ミュージアム」という映画を観たことある人もいるのではないでしょうか。
この映画は大友啓史監督と小栗旬主演の最強タッグが仕掛ける衝撃スリラーです。
カエル男が起こす猟奇的な殺人事件によって生みだされる死体による造形物の集合体の意味が映画タイトルに込められています。
作品はそれぞれ特殊造形で表現したいものが異なりますが、どの作品でも心得を意識して制作に取り掛かります。
たとえば、「ドッグフードの刑」では、被害者が犬から逃れようとした痕跡なども活きた感情が想像できるように制作されているのです。

特殊造形物を制作するにあたって

特殊造形物を制作するにあたって
ドラマや映画に使用する特殊造形物の制作は、まず作品のイメージについて話し合う必要があります。
登場人物などの生い立ち、職歴、性格などを想像しながら特殊造形の外観を固めていくこともあるのです。
特殊メイクも特殊造形技術のひとつですが、特殊メイクをするにあたっても心得ているものがそれぞれにはあります。
キャラクターを演じる俳優を生かすことも意識してかたちにしていかなければなりません。
特殊造形の技術を用いると、幅広く様々なものを制作することができます。
現実にないものや、実際に見ることができないものをかたちにすることが可能です。
しかし、一番大切なことはリアルに制作することです。
素材選びからデザインまでこだわり、リアルに制作します。
特殊造形物のクオリティは、ドラマや映画の完成度に大きく影響するため、目的に応じた魅力を実現させなければ依頼者の要望を実現できたことにはなりません。
ドラマや映画だけでなく、テーマパークやミュージアムなどの特殊造形物の制作も行います。
小さなものから大きなものまで依頼者のニーズに応え、完成度の高い特殊造形を心がけています。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る