理想の世界観を特殊造形で表現するには

3Dプリンターで作る特殊造形について

理想の世界観をどう表現する?

理想の世界観をどう表現する?
理想の世界観を表現する方法は様々ですが、そのひとつに特殊造形があります。
特殊造形とは、現実の世界で見ることができないものを形にすることです。
映画やドラマでは欠かせない技術ですが、特殊造形がどのようにつくられるかは何を求めるかによって製作方法が変わってきます。
そのため、理想の世界観に何を求めるかによって特殊造形の製作方法も変わってくるのです。
ビジネスにおいても世界観を表現することはとても重要なことではないでしょうか。
世界観の定義は、この世界は自分にとってどのような意味があるのか、この世界でどのような役割を果たしていくのか、などの問いに答えようとするものであるとされています。
したがって、世界観とは世界に対する態度や表明であるとみなすことが可能です。
特殊造形で理想の世界観を表現する場合には、どんな世界観を感じて欲しいのかを明確にして意図的に作り込み、表現していく必要があります。

特殊造形で表現する上で意識したいことポイント

特殊造形で表現する上で意識したいことポイント
特殊造形で理想の世界観が表現できると、同じような価値観を持つ人に「気になる」「なんか好き」などと親近感や共感といった感覚を持ってもらうことができます。
人が作り出す世界観はふわっとした感覚である場合もあるでしょう。
しかし、どんな世界観を感じて欲しいかが明確であれば、その世界観に何度も触れていくうちに、その結びつきはどんどん強くなり関係性が深まっていきます。
関係性が深まるということはファンになってもらうということです。
また、世界観を表現していく上で大切なことは一貫性をもたせて特殊造形物をつくることです。
宮崎駿のアニメやディズニーの作品が好きという人も多いのではないでしょうか。
宮崎アニメやディズニーはたくさんの作品がありますが、どの作品も作者だけの世界観があり、一貫性があります。
一貫性があり、親近感や共感を得てもらうことができれば、その世界観のファンになってくれるはずです。
特殊造形の技術を用いて理想の世界感を表現したいときは一貫性を意識して、どのような世界を感じてほしいかを明確にしましょう。
そうすることで、イメージしている理想の世界観を忠実に再現することができます。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る