特殊造形が映画に利用されている事例

特殊造形が映画に利用されている事例

特殊造形が利用されている映画とは

特殊造形が利用されている映画とは
特殊造形は、映画に利用されることが多いです。
どのような映画に特殊造形が利用されているか気になる人もいるのではないでしょうか。
特殊造形が利用されている映画の1つに「アイアムアヒーロー」があります。
アイアムアヒーローを観たことがある人も多いでしょう。
映画のストーリーは、周囲の人々がゾンビのような食人鬼となる謎の奇病が蔓延し、感染者たちで街が溢れる中、人間と感染者たちの戦いが繰り広げられる映画です。
ストーリーが面白い映画ですが、特殊技術が用いられたメイクも注目を集めました。
特殊造形技術は、ゾンビのような感染者に施されており、その数は約500人だったそうです。
それぞれデザインが異なり、大きく分けるとメイン、サブ、モブといった3つのカテゴリにわけられています。
複雑なデザインから、色をメイクしただけのような簡単なものまで様々なレベルで制作されていますが、ハリウッド映画のようなゾンビではなく、あくまでも病原菌に犯された凶暴な生命体をイメージしてメイクをしています。

最新の特殊造形技術が用いられている

最新の特殊造形技術が用いられている
アイアムアヒーローに出てくる感染者は、血管が浮いていて、黄疸がかかった皮膚の色、腐ったような色合いをしていますが、これはアジアならではの特徴をもったデザインにしているそうです。
特殊造形は、リアルさが重要です。
しかし、アイアムアヒーローの場合は、単にリアルに表現する特殊造形ではなく、少しあり得ないようなバランスに仕上げています。
また、特殊造形技術の中でも珍しい手法が取り入れられています。
それは、3Dプリンタを活用した特殊メイクです。
3Dプリンタで原寸大の原型を出力して利用します。
通常の特殊メイクではメイクを施す役者の型取りをして、その型に合わせて肌に特殊メイクをしていきますが、最近では3Dプリンタを使用して原型をプリントアウトすることも少なくありません。
他にも、様々な映画に最新の特殊造形技術は利用されています。
細かくスケッチしたイメージをリアルに表現することができるため、映画を制作する際は特殊造形技術を利用してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る