特殊造形に使用する材料とは

特殊造形に使用する材料とは

特殊造形の材料

特殊造形の材料
特殊造形は様々な材料を使います。
どのような材料を使ったら、本物そっくりな特殊造形物がつくれるか気になっている人もいるのではないでしょうか。
ハロウィンの時期になると傷メイクをする人は多いですが、傷メイクも特殊造形技術の一つです。
映画やドラマに欠かせません。
傷メイクでは、立体感が重要になります。
実際に、人間の肌に盛り付けて立体感を出しますが、材料はワックスが使われることが多いです。
ワックスは硬すぎると使いにくいため、練ってから使用します。
軽くワックスを押し付けるようにつけていき、数回に分けて持っていくと裂けたような傷ができるのです。
立体感を出したら赤色などのクリームカラーを使用してよりリアルな傷をつくっていきます。

材料を組み合わせて特殊造形物をつくっていく

材料を組み合わせて特殊造形物をつくっていく
老人のような顔は老けメイクと言い、フォームラテックスという材料を使って立体感のある老けメイクをしていきます。
フォームラテックスはゴムです。
老けメイクをする際は顔の型取りを行いますが、その際にフォームラテックスを貼ります。
スポンジ状のようなものをつくることができる素材であるため、顔の型やマスクをつくるときに欠かせない材料です。
キャラクターやハロウィンなどで使うマスクは、マスクラテックスという材料を使います。
マスクラテックスは液体ラテックスゴムで、石膏型のディティールをリアルに再現することが可能です。
特殊造形のアーティストは、マスクラテックスを使用していることが多いでしょう。
ミニチュアマスクや実物サイズの顔マスクをつくる場合も、マスクラテックスを使用します。
マスクラテックスを使用してゴムマスクをつくったあとは、Vカラーなどで色を塗っていきます。
リアルに仕上げるためには、色使いが重要です。
材料と塗料の相性も考慮して、カラー剤を選んでいきます。
手のダミーに使用されている材料は、シリコンとマスクラテックスを使用することが多いでしょう。
シリコンにも様々な種類があります。
毛もラテックスやシリコンでつくる場合が多く、ヘアーパンチングツールというもので植毛していくことが多いです。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る