CMで活躍する特殊造形

CMで活躍する特殊造形

インパクトのあるCMを制作しよう

インパクトのあるCMを制作しよう
CMを放送するだけで、多くの人に企業や商品、サービスを知ってもらうだけではなく、売上アップも期待できます。
しかし、CMを放送すれば、必ず売上がアップするというわけではありません。
効果的なCMを制作しなければ、莫大な広告費をかけた意味がなくなるでしょう。
CMを制作するためには、商品やサービスを説明的にすればするほど野暮な内容になる恐れがあります。
商品やサービスをアピールするためには、印象に残るCMを制作する必要があるのです。
詳しく説明をしなくても、印象が残るCMを制作することができれば、ブランドや企業のイメージを視聴者に残すことができます。
企業名などの知名度が上がると視聴者からの信頼度が高まり、長期的に売上がアップすることが多いです。
印象に残るCMを制作したい場合は、特殊造形を用いてみてはいかがでしょうか。

特殊造形を活用する

特殊造形を活用する

CMというのは、15秒から30秒程度です。
その短い時間で印象を残すためには、特殊造形を活用し、インパクトを与えることが大切になります。
見た目で判断してはならないこともありますが、実際、見た目の印象というのは、何かを判断する際に大きく影響するものです。
特殊造形は、リアルに再現することができます。
存在している動物や人間、架空のキャラクターをリアルに制作すると、視聴者にインパクトを与えることが可能です。
特殊造形を用いた映像は、CMそのものを印象づけることができるでしょう。
さらにアニマトロニクスを活用すると、特殊造形物の表情を動かすこともできます。
本物の動物や、赤ちゃん、虫などは望み通りに動いてくれない場合も少なくありません。
何度も撮影をしなおしていると、長時間の撮影となり、制作費用が高くなってしまうでしょう。
アニマトロニクスを活用することで、本物そっくりな動きをさせることができ、難しい演出も簡単に実現できるのです。
CM制作を検討している企業は、特殊造形を活用しインパクトのある映像をつくってみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る