海外の特殊造形のレベルとは

海外の特殊造形のレベルとは

海外の特殊造形技術のレベルは高い

海外の特殊造形技術のレベルは高い

特殊造形や特殊メイクと聞くと、本物そっくりにつくられた人形やグロテスクなゾンビ、モンスターをイメージするのではないでしょうか。
特殊造形の技術を用いてつくられたものは、映画やテレビで目にすることが多いです。
特殊造形の歴史は浅く、職業としてもそれほど知られていません。
しかし、今では様々な分野で活躍しており、特殊造形の技術がなければ実現できないこともあるでしょう。
海外の特殊造形のレベルは非常に高いです。
CGなのか、特殊造形物なのかわからない程、技術が進歩しています。
また、そのクオリティの高さが新しい分野での活躍の場をどんどん広げているのです。
海外と日本のレベルの差についてですが、日本の繊細さは海外でも認められているものの、海外の現状と比較すると日本ではまだハリウッドに出てくる特殊造形技術のレベルまでには達していないでしょう。
しかし、今後の日本は海外にも劣らないほどの特殊造形の技術が進歩していくと期待されています。

ウォーキング・デッドのゾンビは特殊造形

ウォーキング・デッドのゾンビは特殊造形

海外の特殊造形技術のレベルがわかる作品の一つに、ウォーキング・デッドがあります。
ウォーキング・デッドは2010年から放送されている海外のテレビドラマです。
ウォーカーと呼ばれるゾンビと、生き残りの闘いを続ける主人公たちの人間模様が面白い人気ドラマですが、ウォーキング・デッドに出てくるゾンビは特殊造形の技術が用いられています。
ゾンビの目から血が流れているシーンでは、義眼を作って埋め込んで、目のくすみまでリアルにつくられているのです。
歯はひとつひとつレジンで制作し埋めていく場合や、よりリアルを追求する場合には歯医者さんのように、歯形をとって制作します。
干からびた舌もリアルです。
ウォーキング・デッドを見たことがある人は、見れば見るほどCGなのか、特殊造形の技術なのかわからなくなるでしょう。
映画やテレビで登場する特殊造形物の中には、一瞬しか映らないことも多いです。
一瞬だからといって、クオリティの低いものは使用すると作品自体のクオリティも下げることになります。
海外のレベルを知ると、さらに特殊造形の世界に興味が湧いてくるのではないでしょうか。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る