公園に用いられる特殊造形とは

公園に用いられる特殊造形とは

公園には特殊造形物がたくさんある

公園には特殊造形物がたくさんある

日常生活の中でも特殊造形を目にする機会を多くなってきました。
例えば、公園です。
公園には特殊造形の技術を用いてつくられたものがたくさんあります。
公園の遊具だけでなく、休憩所にも特殊造形物が置いてあることが多いでしょう。
公園などの公共施設に特殊造形物を置く理由は、教育の一環や、安らぎの場を提供するために、リアルな造形物が求められるからです。
公園のプールも特殊造形物の一つで、安全性を考慮してつくります。
表面を滑らかにし、角を丸くするなどの工夫をすることによって、子供が使用しても身体に怪我がないよう、考慮してつくるのです。
動物の模型が置いてあることもあるでしょう。
動物の体感遊具をコンセプトにつくられた特殊造形物が熊本市の公園にあります。
実際の動物と同じ目線で観察ができるプレーリートンネルやアクリルドームを組み込むといった工夫がされている特殊造形物です。

公園の楽しさを広げる特殊造形技術

公園の楽しさを広げる特殊造形技術

特殊造形で用いる素材の一つに、FRPというものがあります。
FRPとは、ガラス繊維を使用して強度を高めた強化プラスチックのことです。
金属よりも強度がありますが、とても軽く、水に強いのが特徴です。
また、腐敗しにくいこともメリットとして挙げられるでしょう。
FRPは、公園の大型遊具や滑り台、複合遊具の制作に用いられることが多いです。
搬入や搬出が簡単にできるといった点から、公園だけでなく展示会の装飾にも最適だと言われています。
FRPで擬岩や擬木もつくることが可能です。
公園にあるリアルな擬岩や擬木は、FRPを用いてつくられた特殊造形物で、本物そっくりにつくられています。
公園では安全性と造形性に優れた公園遊具やモニュメントが必要です。
特に安全性はとても重要なポイントでしょう。
安全性を考慮しながらも、子供の目線になり本当に楽しい、面白いと感じられるものをつくらなければなりません。
特殊造形の技術は、公園の遊具、モニュメントを制作するうえで不可欠です。
公園の楽しさを広げるためにも、特殊造形の技術は必要だと言えるでしょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
TAG index
 







ページ上部へ戻る