特殊造形で注意する事とは

特殊造形で注意する事とは

特殊造形物の注意点

特殊造形物の注意点

企業PRやイベント、映画などで使われている特殊造形を依頼する際は失敗しないために、注意しなければならないことがあります。
これから、特殊造形の依頼を検討している人は注意点を知っておきましょう。
特殊造形は、製作過程や取り扱いの仕方によってミスやトラブルが発生する恐れがあります。
失敗を防ぐためには、特殊造形の製作会社と企業の打ち合わせを密に行い、現場にも立ち会う必要があるでしょう。
また、特殊造形や本物そっくりに見えるリアルさが重要です。
リアルさに欠ける特殊造形物は失敗と言えます。
特殊造形物のクオリティは、使用する作品やイベントの出来に大きく左右するでしょう。
リアルさがない特殊造形物を用いると魅力がない、インパクトに欠けることはもちろん、作品やイベントのスタッフのモチベーションに悪い影響を与えてしまう恐れもあります。
特殊造形物のクオリティが低くなってしまう原因は、予算や時間が足りない、製作者の技術がない、打ち合わせでイメージの共有ができていない、実際にどのように使用するのかを想定しないなどです。
技術がない製作会社や、打ち合わせを適当に流してしまう業者には依頼しないように注意しましょう。
良い製作会社を選ぶことが、作品やイベントを成功させることにつながります。

現場での失敗を防ぐためには

現場での失敗を防ぐためには

特殊造形が完成し、実際に現場で使用したときにトラブルが発生することがあります。
特殊造形物を取り扱ったことがないスタッフしか現場にいない場合、誤った取り扱い方をしてしまい、破損や傷が入ることがあるでしょう。
また、保管方法やメンテナンス方法がわからない人も多いのではないでしょうか。
使用しているうちに多少の傷や使用感が出てきますが、保管方法やメンテナンス方法によって特殊造形物の持ちの長さが異なります。
使用する特殊造形物が多いほど、保管方法が難しくなり、どの部品かがわからなくなることもあるでしょう。
このようなトラブルを防ぐためには、製作会社が現場に立ち会うことです。
さらに、適切な保管方法やメンテナンス方法も製作会社にレクチャーしてもらうとトラブルや失敗を防ぐことができます。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る