特殊造形で実写を再現する

特殊造形で実写を再現する

実写化には特殊造形技術が施されている

実写化には特殊造形技術が施されている

特殊造形が実写映画に使用されることがあります。
最近では漫画やアニメの実写化が増えており、楽しみにしている視聴者も多いです。
人気の漫画やアニメが実写化されることが多いですが、人気の作品だからこそ視聴者は漫画やアニメそっくりなリアルさを求めます。
CGが多い、偽物感が強い、漫画やアニメとは全く違うとなれば、実写化が残念に思う視聴者も少なくありません。
実写化を成功させるためには、リアルな特殊造形や特殊メイクの技術が欠かせないでしょう。
特殊造形が用いられている実写化映画のひとつに、「不安の種」があります。
不安の種という作品は、ホラー漫画です。
毎回異なる主人公が、普段の生活の中でふとした瞬間に目にする怪異が描かれています。
特に、読者の間で話題になったのは強烈なビジュアルのオチョナさんです。
オチョナさんは人間の目や口が縦になったような不思議な顔をしています。
実写化の主演は石橋杏奈さんですが、作品を代表するキャラクターのオチョナさんは特殊造形で再現されているのです。
CGだけではホラー感が伝わりにくく、着ぐるみではリアリティーを感じませんが、特殊造形や特殊メイクを施されたオチョナさんはとてもリアルに感じます。
作品が成功したのも特殊造形や、特殊メイクの技術があったからでしょう。

サバイバルホラーに欠かせないリアリティー

サバイバルホラーに欠かせないリアリティー

漫画家の花沢健吾氏の人気コミックである「アイアムアヒーロー」も実写化された映画です。
この作品は、人々が解明されていない謎の感染によって、豹変した生命体が世界中を感染パニックにさせるストーリーですが、サバイバルホラー映画に欠かせない特殊造形、特殊メイクが多く施されています。
台本を読みながら実際に撮影している様子をイメージし、特殊造形物を製作していきますが、撮影方法が複雑になり、トラブルが発生することも想定し、特殊造形物を多く製作したりなどの工夫もしたようです。
顔ひとつ、腕1本であっても、細かい工夫をしたからこそトラブルも少なく済んだのでしょう。
また、作品の中には人間の頭部がクラッシュするシーンがあります。
リアルで気持ち悪いと感じるシーンですが、サバイバルホラーには欠かせないリアルさを再現しています。
アニメや漫画の実写化を考えている企業は、特殊造形の技術を利用してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る