医療器具で用いられる特殊造形

医療器具で用いられる特殊造形

特殊造形でつくられた医療器具

特殊造形でつくられた医療器具

医療系のドラマや映画に登場する医療器具は、特殊造形でつくられていることがあります。
医療系ドラマでは欠かせない手術シーンなどは、本物の医療器具を使用することや、本物の臓器を切ることができないため、特殊造形の技術を活かして本物そっくりのようにつくっているのです。
本物の医療器具を使用しているドラマもありますが、本物の医療器具を導入すると費用が高くなるため、特殊造形の技術が用いられた医療器具を使用すれば、費用削減につながります。
ドラマで使用される偽物の医療器具だけでなく、本物の医療器具にも特殊造形の技術が活躍していることも少なくありません。
例えば、手術用綿棒です。
これまで使用していた手術用綿棒は5mmが最小でしたが、通常の綿棒よりも細い3mmとなっています。
外科手術の際に、患者への身体的負担を少なくするために腹腔鏡手術を行いますが、傷のサイズが従来のサイズよりも小さくなっており、これまでの手術用綿棒では難しい手術もありますが、3mmという細さの手術用綿棒が開発されたことによって、腹腔鏡手術のニーズに応えているのです。
手術用綿棒は、一定の型地に立体造形する特殊造形の技術が使用されており、これからも特殊造形技術が日本の医療器具に活かされていくでしょう。

特殊造形技術を活かして

特殊造形技術を活かして

特殊造形の技術を活用して、臓器や骨格の精密な模型を製造し、模型から医療器具の開発が進んでいます。
特に、3Dを用いた造形技術では、金型を使用せず特殊な液体をレーザーで加工し、溶かした樹脂を積層して立体をつくります。
加工法によっては精密な立体もつくることができるため、臓器の模型を3Dでつくり、実際の手術に近いシミュレーションを行うことが可能です。
実際の手術に近いシミュレーションを行うことにより、手術ミスの減少や、医師の技術を向上させることもできます。
医療器具は、患者への負担を軽減させることや、医師の使い勝手を配慮することが大切です。
今後、医師や患者のニーズに応える医療器具が特殊造形の技術によって製品化していくことになるでしょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る