特殊造形のアニマトロニクスでホラーを演出する

特殊造形のアニマトロニクスでホラーを演出する

エレクトロニクスと特殊造形の融合について

エレクトロニクスと特殊造形の融合について

特殊造形はドラマや映画撮影の際に欠かせない技術で、テレビを見ると様々な作品で活用されています。
よりリアルで本格的な見た目に仕上げることができ、作品のクオリティを格段に上げてくれる技術でしょう
特殊造形だけでもリアルな質感を表現できますが、アニマトロニクスと融合させることで、本物と見間違えるような生き物の動きを作り出すことが可能です。
アニマトロニクスはアニメーションとエレクトロニクスの造語で、精巧な動きをするロボットに特殊造形を施して撮影をする技術のことを指しています。
撮影に向いていない赤ちゃんや小動物、実際に存在していないものなどをリアルな動きと造形で表現することができます。
ドラマや映画には小さな赤ちゃんが出てくることもありますが、アニマトロニクスの技術力を駆使することで、本物を出演させることなく撮影が行うことができるのです。
ロボットにプログラミングをすることで、理想通りの本物同様の動きが可能になっているため、特殊造形を施したアニマトロニクスは映像を作る上で欠かせないものとなっています。
ロボットと特殊造形の両方ともにリアリティがあってこそ、アニマトロニクスは成功するのです。

ホラー要素を演出させるアニマトロニクス

ホラー要素を演出させるアニマトロニクス

既に存在していない生物や、非現実的なものを表現するのであればアニマトロニクスは最適でしょう。
映像作品でもたくさん使われてきましたが、その中でもホラー作品には欠かせないものです。
ホラー作品は人に恐怖感を与えるために、非現実的な生き物や、本来起こさない行動をさせる必要があります。
人物に対して特殊メイクを施すことでホラー感を演出することがありますが、非現実的な生き物を表現する場合、人間の等身ではあまりリアルを追求できないため、アニマトロニクスが活躍するのです。
ロボットで身体をつくるため、違う生き物を1から作り上げることができます。
人間と動物を合わせたような生き物、エイリアン、等身を赤ちゃんと同じにすることなど、作品のコンセプトによって自由に作り上げることができるでしょう。
そして、動きに対してもプログラミングすることによって、口の動きや全体の動きを自由にすることができます。
アニマトロニクスの技術によって、ホラー作品はより現実的な中にホラー要素を演出することができるようになりました。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る