人工皮膚を用いるとどのように変装できるのか

人工皮膚を用いるとどのように変装できるのか

特殊造形物を本物そっくりに仕上げるためには

特殊造形物を本物そっくりに仕上げるためには

人間そっくりな人形や、ロボットを見たことがある人は多いのではないでしょうか。
また、有名人が老人に変装をして一般人を騙すという、テレビ番組もありました。
博物館やイベント会場、テレビや映画で目にする本物そっくりの人形やロボットは、特殊造形で作られているものです。
特殊造形の技術が進化しており、本物と見間違えてしまうほどのリアリティがあります。
特殊造形は、傷メイクや老人の顔、変装などで人を驚かせることができます。
偽物だとすぐわかってしまう特殊造形物は、見た人の興味、関心度を薄れさせてしまうため、本物そっくりに作りあげることが必要です。
本物そっくりに作るためには、人工皮膚の素材を使用することが多く、見た目も感触も人間が違和感を覚えないクオリティに仕上がります。

人工皮膚の素材

人工皮膚の素材

人工皮膚の素材を用いて変装用の特殊造形物を作ると、人間の皮膚と同じような感触を得ることができます。
人間がモノに触れた時に感じる圧力や、微妙な感触を人工皮膚の素材で実現することで、より特殊造形のクオリティを向上させることができます。
特殊造形に使用する人工皮膚の素材の一つに、シリコンでできたアプライエンスがあります。
シリコンアプライエンスを顔に貼り付け、特殊メイクをしていきますが、肌に近い透明感があるため、肌との境目がわかりません。
肌とアプライエンスを綺麗に密着させ、色や毛を埋め込み、仕上げていくことで、本物そっくりの人間ができあがります。
このような技術をアプライエンスメイクといい、特殊メイクの代表的な技術です。
アプライエンスを皮膚に貼ると、密着して動くため人の表情の変化を実際には存在していないキャラクターで表現することも可能になります。
老人のしわ、架空のキャラクターや生物に変装する時にアプライエンスメイクをすると、人間のような表情や生命感を与えることができるでしょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

リンク

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index


TAG index
 








ページ上部へ戻る