身近な素材で特殊造形し、コストを削減

身近な素材で特殊造形し、コストを削減

一度はやってみたい特殊メイク

一度はやってみたい特殊メイク

ハロウィンの仮装時に、本物そっくりなゾンビのメイクや、リアリティのある血を顔にペイントする特殊メイクは、特殊造形の一つです。
特殊造形物を作る人や、特殊メイクをする人のことを特殊造形アーティストと呼び、最近注目されている職業です。
特殊造形物や、特殊メイクを目にする機会が増えたため、憧れをもっている人も多いのではないでしょうか。
ハロウィンの仮装時に、自分で特殊メイクをやってみたい人も多いでしょう。
映画やテレビドラマ、CMに使用されている特殊造形は専門の材料が必要になりますが、ハロウィンの仮装時にする特殊メイクは家にあるもので簡単にできます。
家にあるものを使用することで、材料費を抑えて特殊メイクを楽しみましょう。

家にあるもので簡単にできる特殊メイク

家にあるもので簡単にできる特殊メイク

傷メイクはボンド、シール、ティッシュなど家にあるものでできます。
まずは、手に傷メイクをしてみましょう。
用意するものは、ティッシュ、化粧下地、アイプチ、コンシーラー、青・赤・黒のシャドウ、グロスです。
メイクの仕方は、傷をつくりたい肌の部分に、化粧下地を塗ります。
次に、アイプチを傷の形に塗り、ティッシュを適当なサイズにちぎって貼ってください。
アイプチがない人は、つけまつ毛用の接着剤でも構いません。
次にコンシーラーで肌色にし、外側は青、内側は赤のシャドウを塗ってあざを作ります。
その上から黒のシャドウを重ねて、さらに赤のシャドウを重ねます。
全体をぼかしリアリティのあるあざを作ってください。
この時、更に周りを薄く赤のシャドウで塗り、所々に青も塗るとよりリアリティのあるあざになるでしょう。
最後は、グロスでテカリをだし、完成です。
ボンドとリキッドファンデーションを混ぜて、塗り爪楊枝でこぼこを作ると、立体的に見える傷ができますので、挑戦してみてください。
家にあるものでも、人を驚かすことができる特殊メイクが簡単にできます。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る