ロボットに生命感を与えるアニマトロニクスという職業に関して

ロボットに生命感を与えるアニマトロニクスという職業に関して

アニマトロニクスとは

アニマトロニクスとは

日本では、映画やテレビドラマ、CMに登場する怪物や怪獣などは、特殊造形で作られた着ぐるみの中に人が入って動かすことが多いですが、ハリウッドではコンピューターでロボットを動かすことが主流となっています。
特殊造形物の中に、ロボットを組み入れて動かすことが多いです。
大蛇やワニ、ゴリラなどの動物は扱いにくく、映画などに使用するのは困難です。
そのため、特殊造形で作り、ロボットを埋め込みコンピューターで扱います。
また、恐竜やエイリアンなどを特殊造形で作り、骨格や筋肉、表情をコンピューターで動かすことが多いでしょう。
このコンピューターで動かす技術を、アニマトロニクスといいます。
CGの技術だけではできない表現を、特殊造形とアニマトロニクスの技術を使って、よりリアリティを出しているのです。
特殊造形物のサイズが小さい場合、全身をアニマトロニクスで動かしますが、顔、頭部、首、手、足、胴体など各部位を複数人で操作し、リアリティをだしています。

アニマトロニクスに憧れている人は

アニマトロニクスに憧れている人は

アニマトロニクスという職業は、映画の場合、監督の意図を把握する想像力が求められます。
また、想像力だけではなく、工学的な知識と特殊造形技術が必要です。
アニマトロニクスは映画だけではなく、イベントや博物館などさまざまな需要がある職業です。
映画やイベントでアニマトロニクスの魅力にひかれ、憧れを持っている人も少なくありません。
日本では、アニマトロニクスの会社が少ないため、アニマトロニクスの職業に憧れを持っていても、実際に日本で学ぶことは難しいでしょう。
アニマトロニクスを本格的に学びたいのであれば、ハリウッドで経験を積みましょう。
しかし、特殊造形の技術は日本でも学ぶことができるため、初めに特殊造形や特殊メイクの技術を身につけておくことをおすすめします。
CGでは再現しきれないリアリティさを、アニマトロニクスで実現しましょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る