粘土の特殊造形でどれだけリアルに仕上がるのか

粘土の特殊造形でどれだけリアルに仕上がるのか

粘土の特徴

粘土の特徴

映画やテレビドラマ、CMなどの映像表現に欠かせない特殊造形は近年、作品のクオリティをさらに上げるため、進化を続けています。
特殊造形は、技術が向上し本物そっくりにみせることができます。
本物だと思っていたものが、特殊造形の技術で作られていたと驚いたことがある人も多いのではないでしょうか。
特殊造形や特殊メイクに使用する材料は、さまざまなものがあります。
粘土も、特殊造形や特殊メイクをする際の材料です。
粘土の特徴は、速乾性があり、固まってからも加工がしやすく、着色作業が簡単であることが挙げられます。
リアルに仕上げるためには着色作業が鍵となるため、石粉粘土を使用し、固まったあとは特殊メイクで本物そっくりに仕上げるのです。

特殊造形に使用する粘土の種類

特殊造形に使用する粘土の種類

本物そっくりの人間の特殊造形を作成するためには、しわや肌質が重要となります。
頬のほうれい線やたるみなど、粘土で表現することが多いでしょう。
特殊造形に使用される粘土にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が違います。
そのため作成する特殊造形物によって、使用する粘土が異なります。
例えば、フィギュアなど小さくてリアリティを求めるものを作成する際は、細密造形用粘土を使用することが多いです。
細密造形用粘土は、キメが細かく滑らかな粘土です。
粘土が乾燥した後は、ヤスリをかけて、滑らかな表面にすることや、彫刻としても使用することができるため特殊造形物の修正が綺麗に行うことができます。
他にも、超軽量の高級樹脂粘土があります。
乾燥すると、通常粘土は収縮しますが、高級樹脂粘土は収縮が少なく、弾力性があるためひび割れや折れてしまうことがありません。
着色には、アクリル絵具を使用することができ、リアリティのある特殊造形物を作ることができます。
樹脂粘土以外にも、液体粘土や木粉を混入している粘土、ブロンズ粘土、紙粘土などさまざまな粘土があり、目的に合わせて選びましょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る