特殊造形は販促ツールとしても使われている

特殊造形は販促ツールとしても使われている

販促は目を引くことが大事

販促は目を引くことが大事

街にはたくさんの情報があふれています。
大きなデジタルサイネージも置かれるようになり、二次元媒体のみによる情報への関心が薄れています。
ポスターや電子的な表示だけで差別化を図るのはかなり困難な状況です。
それでは興味を引くことができないため、多くの集客は望めません。
新しいものを販売するときに重要なのは、まず興味を持ってもらうことです。
知らないものを買おうと思う人はいません。
だからこそ、販促に使われるツールは興味を引くために目立つことが重要です。
シーンに合わないものが突然現れたら、人はびっくりして興味を持ちます。
近くに行って確かめたいと思います。
それがどのような理由でそこにあるのか知りたくなります。
そうすることで、販売するものに興味を持ってもらえる確率が上がります。
人に興味を持ってもらうために必要なのは、現実にそこにないものが存在している状況です。
それを実現できるのが三次元の特殊造形です。
さまざまな素材によってそこにあるはずのないものを作りだす技術です。

知りたいと思う感情を利用する

知りたいと思う感情を利用する

特殊造形を販促として使う方法にはいろいろなものがあります。
例えば、登録商標を大きな看板にした商品台です。
展示されているもののイメージを受け取りやすくなる効果が期待できます。
キャラクターなどの造形も効果的です。
普段はポスターなどに描かれている二次元のキャラクターが実際に立っていたら、子供達は寄ってきます。
親子連れの集客には効果的です。
また、今後建設される建造物のジオラマも具体的なイメージを高める効果が期待できます。
完成後にどのような状態になるのかがわかることで、期待感が高まります。
さらにそのジオラマを使って説明することで、位置の感覚や完成後の風景を共有することができます。
人には購入するものを詳しく知りたいという願望があります。
納得してからでなければ購入には踏み切りません。
その感情を利用するのが、実際にものを見せることです。
視覚は一番情報量が多く、納得しやすいツールです。
自分がそのものを手に入れた時に、どのような状況となるかをシーンとしてイメージしやすくなります。
それを実現するのが特殊造形です。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る