特殊造形に色をつける方法

特殊造形に色をつける方法

特殊造形の色付け

特殊造形の色付け

映像表現には欠かせない特殊造形は、映画やドラマなど幅広く使用されています。
特殊造形は、リアルさが求められます。
映像で使用される特殊造形に違和感を感じると、作品自体のクオリティが下がってしまうでしょう。
特殊造形物を製作するとき、水粘土などで原型を製作し、シリコンなどで型取りを行います。
シリコンで形を作ったあとに、表面に色をつけていきます。
色付けは、特殊造形物のクオリティに影響しますので、非常に重要です。
動きを出したり、リアルに見せたりと、色付けを行う特殊造形アーティストのスキルによって作品の仕上がり方が異なります。
色付けの技術の他にも、塗装対象に適切な塗料を選ぶ必要があるため、経験と知識が必要になります。
人を驚かす特殊造形物の製作は、簡単にできるものではありません。

適切な塗料を選ぶ

適切な塗料を選ぶ

最近では、アクリル塗料というものが使用されることが多いでしょう。
アクリル塗料は比較的に汎用性に優れている塗料のため、だいたいなんでも塗装することができます。
アクリル塗料は、簡単に手に入れることができる一般的な塗料です。
しかし、汎用的なアクリル塗料でもゴム素材への塗装は難しく、色付けができてもゴムを曲げたり伸ばしたりすると塗装が剥がれてしまいます。
そのため、塗料が乾燥したあとにゴムを伸ばしても塗装が剥がれない塗料を使用しなければいけません。
また、日が経つとゴムの色が濃くなることもあるため、完全にゴムが乾いた状態で塗装をしなければ、仕上がりがイメージと異なるでしょう。
通常模型に使用される塗料は、エナメル塗料やアクリル塗料です。
プラモデルによく使用されるのはエナメル塗料です。
エナメル塗料は粘度が高い塗料ですので、場合によっては薄めて使用します。
素材や塗料の知識がなければイメージ通りの色付けはできません。
イメージ通りの特殊造形物を製作するためには、特殊造形アーティストのスキルと知識が非常に重要です。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る