特殊造形に使用するシリコンの特徴とは?

特殊造形に使用するシリコンの特徴とは?

クオリティの低い特殊造形になることもある

クオリティの低い特殊造形になることもある

特殊造形は、現実にないものや見えないものをリアルに表現することができます。
映像表現には欠かせない特殊造形はスキルはもちろんのこと、特殊造形に使用する素材にもこだわります。
クオリティの低い特殊造形物は、魅力がなく、インパクトを与えることができませんので、作品そのもののクオリティに大きく影響を与えます。
近年では、特殊造形のスキルが向上しているため特殊造形はクオリティの高いものばかりですが、リアルさがない、イメージと違う、使用しにくいなどの問題が発生することもあります。
予算の関係や、時間が足りないという場合もありますが、素材が関係していことがあります。
例えば、シリコンです。
シリコンの素材ひとつで、特殊造形物のクオリティ、作品のクオリティに影響しますので、素材にもこだわりを持たなければいけません。

特殊造形のシリコン素材

特殊造形のシリコン素材

シリコン素材を使用することで、特殊メイクや長期間展示するディスプレイまで製作することが可能です。
医療ドラマや映画に、よくシリコン素材を使用した特殊造形物が使われています。
最も多いのは手術のシーンでしょう。
臓器をシリコン素材で製作することで、メスを入れる感触をリアルに再現することが可能です。
手術シーンは臨場感を表現すため、リアルさが必要です。
シリコン素材でつくられた特殊造形物は非常にリアルなため、違和感を感じることがありません。
また、博物館や展示場にある歴史上の人物をシリコン素材を使用して製作することも多いです。
シリコン素材で本物そっくりな歴史上の人物を製作することで、来場者の興味、関心を引くでしょう。
特殊造形のクオリティが、視聴者や来場者の反応を左右するため、素材も非常に重要なポイントになります。
予算の問題もありますが、リアルさを追求した特殊造形物を製作する際は、しっかりとイメージを伝え、素材選びを行う必要があります。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index




TAG index
TAG index
 





ページ上部へ戻る