特殊メイクアップアーティストと通常のメイクさんとの違い

特殊メイクアップアーティストと通常のメイクさんとの違い

映像表現に欠かせない特殊造形

映像表現に欠かせない特殊造形

特殊造形や特殊メイクを仕事にする人のことを特殊造形アーティストや特殊メイクアップアーティストと呼びます。
特殊造形のひとつに特殊メイクがありますが、特に近年では特殊メイクの技術が話題を集めています。
特殊メイクアップアーティストは怪我をしているような皮膚やゾンビのような顔などをリアルに表現します。
このような特殊造形は、映像表現に欠かせません。
映画など、現実にないものを表現する際にCGを使用することも多いですが、CGではリアルさに欠けることもあるため、特殊造形が採用されるケースも少なくありません。
さらに、特殊造形とCGの融合することで表現の可能性は無限大に広がるでしょう。
特殊造形アーティストや特殊メイクアップアーティストのスキルも今後向上していくことが期待されます。

メイクさんとの違いとは

戦隊ヒーローに使用されている特殊造形

一般的にいわれるメイクさんはパウダーや口紅などを塗り、綺麗に美しく仕上げます。
しかし、特殊メイクアップアーティストはメイクさんとは異なり、変化をつける際に活躍します。
例えば、若い人を老人の顔に変えたり、人間と動物を合成させるようなときです。
同じ俳優が人物の一生を演じる際、特殊メイクで青年期から老年期まで表現することが可能です。
以前は、顔にシワを描くだけでしたが、近年では技術が向上し、リアルさが増しています。
特殊メイクアップアーティストは、リアルさが追求されます。
映像に用いられる特殊メイクにリアルさに欠けていれば、視聴者が映像に対する興味、関心が薄れてしまうでしょう。
そのため、特殊メイクアップアーティストは、リアルさを追求し、スキルアップが常に求められます。
通常のメイクさんは180万円〜400万円ですが、特殊メイクアップアーティストは200万円〜500万円だといわれています。
特殊メイクアップアーティストの年収に幅があるのは、腕次第だからです。
今後、特殊メイクアップアーティストはさらに注目を集めていくでしょう。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る