特殊造形アーティストの仕事について

特殊造形アーティストの仕事について

人を驚かす特殊造形

人を驚かす特殊造形

特殊造形は、現実にないものや、見ることができないものをカタチにすることをいいます。
例えば、着ぐるみや、マネキン、絶滅した恐竜、宇宙人など空想の世界にあるキャラクターを製作します。
ゾンビや本物そっくりな動物のメイクをする特殊メイクも特殊造形のひとつです。
このような、特殊造形を製作する人のことを特殊造形アーティストといいます。
特殊造形で製作されたものは映画やCM、ドラマ、イベントなど様々なシーンで使用されることが多くなり、特殊造形アーティストはなくてはならない存在です。
映画やCMで見かけた特殊造形の魅力に惹かれ、特殊造形アーティストに興味を持っていたり、憧れている人もいるでしょう。
人を驚かせる特殊造形アーティストになるためには、技術が必要です。
将来、特殊造形アーティストを目指している人は、どのような仕事をするのか知っておきましょう。

特殊造形アーティストの仕事とは

特殊造形アーティストの仕事とは

特殊造形アーティストは、幅広く様々なものを製作します。
映画に使用されている着ぐるみ、CMに使用されている人形など、特殊造形で製作されたものを誰でも一度は見たことがあるでしょう。
展示造形物や店頭ディスプレイなど、美術品から実用性のあるものまで製作します。
また、特殊造形はリアルさを求められますので、デザインから作業まで一貫して仕事を引き受けます。
依頼者の中には、なんとなくイメージしているが、完璧なイメージが掴めていないという人もいるため、依頼者と一緒にイーメジを作りあげるのも特殊造形アーティストの仕事です。
また、特殊スーツや特殊マスクは実際に人が身につけて使用するものなので、外見だけのクオリティを重視しただけではいけません。
映画やドラマ、CMで実際に使用する人がどのような動きをするのか、使いにくいところはないかなどを考慮し、素材選びからデザインまで細かくこだわります。
特殊造形アーティストはスキルはもちろんのこと、発想力も必要な仕事です。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

リンク

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index


TAG index
 








ページ上部へ戻る