多くの場所で活躍している超リアルな人間型ロボット

多くの場所で活躍している超リアルな人間型ロボット

特殊造形を施された人間型ロボット

日本は、人間型ロボットの概念が大きく進化している国です。
介護やベビーシッターなど、日常で密接に関わる人間型ロボットが多くの場所で活躍しています。
最先端の人間型ロボットは、特殊造形の技術で本物そっくりにつくられています。
材質にシリコンを使用することで、柔らかい肌を再現でき、シワや毛並みまでこだわってつくられているため、リアルな人間型ロボットをつくることができるのです。
ロボットといえば、メタリックで硬いイメージがありますが、特殊造形の技術をロボットに施すことによってリアル感がある人間型ロボットになります。
動作や発言が人間そっくりでも、外見にロボット感を感じてしまうとリアルさがなくなり、クオリティも低くなってしまうため、リアルな人間型ロボットをつくるには特殊造形の技術は必須でしょう。

特殊造形を施された人間型ロボット

見た目も動きも本物そっくりな人間型ロボット

日本では、特殊造形の模型や着ぐるみが多いですが、海外ではロボットが内蔵された造形物が多く、主流です。
CGを使用しなくても、特殊造形の本物そっくりな人形にロボットを埋め込むことで複雑な演技も可能なため、ハリウッド映画では幅広く使用されています。
唇の動きや、腕の動かし方、表情も繊細につくられているため、見た目だけでは一瞬ロボットだとわからないこともあります。
人工知能が搭載された人間型ロボットは家電レベルで普及されると言われています。
日本橋三越本店の受付嬢や、三菱東京UFJ銀行本店にも期間限定で登場し、お客様とコミュニケーションをとったり、情報案内を行ったりしました。
現段階では、試作として使用されていますが、今後、さらに人工知能が搭載された人間型ロボットの普及は進んでいくでしょう。

介護用ロボット

高齢者福祉施設や病院で、人間型ロボットの導入が増えてきています。
ロボット本来の目的は、人間の作業を代替することです。
コミュニケーションをとることができる人間型ロボットは、物忘れ防止や、運動機能の維持向上、認知症の予防効果があります。
介護を受けている方は、介護をしてくれる人に対して申し訳ないという気持ちがあり、頼ることに気が引けてしまうこともあります。
しかし、人間型ロボットであれば、「ロボットだから」と、割り切って頼ることができます。
特殊造形でつくられた人間そっくりな人間型ロボットは、高齢者の良きパートナーになります。
リアルを感じることができる人間型ロボットは様々な分野において活躍することが期待されます。

介護用ロボット

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る