様々なシーンで使われる特殊造形のマスク

様々なシーンで使われる特殊造形のマスク

こんなところにも使われている特殊造形のマスク

こんなところにも使われている特殊造形のマスク

特殊造形のマスクは様々なシーンで使用されています。
アーティストのPVや、CM、テレビなどによく使用されているため、日常生活でも特殊造形のマスクを目することが多いでしょう。
アーティストの後ろで踊っているバッグダンサーが使用していることもあります。
本物とそっくりな動物のマスクだったり、オリジナルにデザインしたキャラクターのマスクだったり、野菜だったり、特殊造形のマスクはどんなデザインでも使用目的にあったマスクを製作することができます。
仮面ライダーや戦隊モノ、ウルトラマンなどに使用されているマスクも特殊造形のマスクです。
一瞬しか映らない場面や、あまり目立たない場所にいても、特殊造形のマスクは圧倒的存在感があり、見ている人にインパクトを与えることができます。

特殊造形のマスクの製作の流れ

特殊造形のマスクの製作の流れ

特殊造形のマスクはまず、デッサンから始まります。
具体的なイメージを絵で描き、型をつくっていきますが、このとき、使いやすさや息苦しさを調整します。
ドラマや映画で使用されるマスクは、演技の幅を制限しないよう考慮して製作しなくてはいけません。
その後に、マスクに特殊メイクを行い、リアルさを出したり、具体的なイメージに近づけていったりしながら製作していきます。
具体的なイメージが定まっていなくても、特殊造形のプロが一緒にアイデアを出しデザインしていくことも可能です。
特殊造形のマスクは、イメージを実現することが重要なので、そのためにマスクを製作する前の準備として、イメージを具体的に固めていくことが必要になります。
特殊造形のマスクを使用すると、イメージした世界観や空間を演出できたり、企業やアーティストなどのイメージを強化させたりすることが可能です。
特殊造形のマスクは、CMやテレビを見ていると、ついつい目がいってしまいますし、一度見ると印象に残ります。
このように、インパクトを与えたい時や、イメージをカタチにしたい時などは、特殊造形のマスクが効果的なのでおすすめです。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

リンク

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index


TAG index
 








ページ上部へ戻る