性別を超える特殊メイク

性別を超える特殊メイク

性別を変える特殊メイクが求められるシーン

映画やドラマの中では、時に自分の性別とは違う性別のキャラクターを演じることがあります。
特にハリウッド映画ではあえて女性が男性を演じたり、男性が女性を演じるといった例は多々あります。
特殊メイクや特殊造形でそれらの性別を造りあげていくわけですが、演じる方もわざわざ違う性別のキャラクターを演じるのは苦労も多いことでしょう。
あえて違う性別のキャラクターを演じる理由はいくつかあります。
性転換を題材とした物語は想像に容易いでしょう。
その他、歴史上の人物や実在する人物を題材とした物語で、その人物に顔立ちが似ていたときやその人の血縁で性別の違う俳優がいたときなどは特殊メイク・特殊造形が用いられるケースが多いです。
コメディ作品でインパクトを狙う時には男性が女性を演じることもあります。
クオリティの高い特殊メイク・特殊造形で一人何役も演じ、それ自体を映画の見所にする例もあるようです。

性別を変える特殊メイクが求められるシーン

性別を超える特殊メイクの方法

性別を超えた特殊メイク・特殊造形は男性が女性に変身するというパターンの方が多く見られます。
特に一見本当の女性のように見える程クオリティの高い特殊メイク・特殊造形は、女性の肥満体型です。
線の細い男性が女性に変身するのであれば、胸とお尻のふくらみを再現すれば細身の女性でも化けることはできますが、がっしりとした体型の男性でも肥満体型の女性なら脂肪を足していくだけで良いため比較的簡単に変身できるようです。
男性は普段メイクをしないため、特殊メイクではなく普通のメイクをするだけでも女性らしくなる人もいるようです。
一方、女性から男性に変身する特殊メイク・特殊造形ではバストが大きなポイントとなります。
女性はもともと線が細いので肩に厚みを出してくびれを無くし、胸をさらしなどで巻けば男性の体型を出すことはできますが、バストサイズが大きければ隠しきれません。
相当な肥満体型を演じるならともかく、肥満の男性の胸にハリはありませんので若くてナイスバディな女優が男性を演じることはなかなか難しいと言えそうです。
その反面、女性が男性に変身すると、中性的なイケメンに変身することができるとして話題になっています。
女性の顔立ちを男性にするためのポイントは目元。
眉毛を太く、目との間隔を狭く描き、ビューラーは使わずに下まつげを濃いめに塗ります。
その他にも、彫りの深い顔立ちにするためにハイライトやシェーディングを入れたり、唇の赤みを押さえたりといった工夫で男性らしい顔立ちにすることができます。

性別を超える特殊メイクの方法

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index




TAG index
TAG index
 





ページ上部へ戻る