特殊造形の保管・メンテナンスについて

特殊造形の保管・メンテナンスについて

特殊造形を依頼する際は保管についても考えておこう

テーマパークや一般企業では企業PRのために特殊造形を専門業者に依頼することがあります。
専門的な技術が必要となるためプロに製作依頼をするのですが、作品が出来上がった後は依頼主が保管・管理を行うことがほとんどです。

特殊造形の保管・メンテナンスについて

集客などのために使用する特殊造形の場合、高額な事がほとんどです。
また、使用するのは1回きりということは殆どなく、何度も使うことが多いのですが、そうなると保管に注意して良い状態を保つことを考えなければなりません。

安価で一般にも販売されているような物だとダンボールの中に放り込んでおいても問題ありませんが、特殊造形となるとそうはいきません。
雑に扱えば壊れたり、劣化して価値をなくしてしまったり、日差しの強い場所に長く置いておくと変色して使えなくなるなどの可能性もあります。
ですから事前に保管方法について勉強しておき、保管に適した環境をあらかじめ探しておきましょう。
また、素材によっては温度や湿度にも気を付けなければいけない事もあります。
湿気がつかないように専用の棚や入れ物を用意し、さらに保管場所の湿度設定にも気を配らなければならない物あるかもしれません。
また長期的に保管する場合、狭い場所だと造形物の臭いがこもりやすくなったり、ねずみやゴキブリの被害に遭う事もあるので、時々チェックすることも大事です。

特殊造形の保管・メンテナンスについて

特殊造形の中にはメンテナンスが必要なものもある

なかにはメンテナンスに気をつけなくてもよい造形物もありますが、クオリティ維持のためには定期的にメンテナンスしないといけない物もあります。
特殊造形を使って撮影している際やまた展示している際にどんなアクシデントが発生するか分かりません。
直ちに対応してメンテナンスすることが求められるケースもあるでしょう。
素人がこれを扱うと高価な特殊造形を壊すともあるので、モノによってはプロにメンテナンスをお願いすることになります。
特殊造形は一般的な造形物よりもかなり高度な技が使われていて繊細な作品です。

特殊造形の中にはメンテナンスが必要なものもある特殊造形といっても人間が被る物から、どこかに展示しておく物まで多種多様ですし、大きさも素材も様々です。
また特殊造形には高度なテクニックが使用されているので、その分保管や管理にも専門的な知識を身につけておくと特殊造形を良い状態で長く保つことができます。
特殊造形の製作を依頼する場合は、保管やメンテナンスを考えて、依頼する必要があります。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index




TAG index
TAG index
 





ページ上部へ戻る