特殊造形はクオリティを保つことが重要


特殊造形のクオリティが重要視される理由について

近年映画撮影や様々な現場で使われる技術に特殊造形があります。
集客目的でとてもリアルな模型を製作し、それが全国ニュースで取り上げられているケースもあるでしょう。
まず特殊造形というのはリアルさがかなり要求されます。
ということは必然的に高いクオリティレベルが要求され、もしそれに達していない場合は映画でもその他の現場でも用なしになるでしょう。
そもそも普通の模型と違って本物と見間違うレベルが要求されるので、製作にかかわるスタッフも熟練された人ばかりです。
例えば映画の場合、特殊造形で作られた製作物が「主役」ということもあり得ます。
設計から素材選び、着色…あらゆる部分にまでこだわられているのでしょう。
映画を見た人がレベルが低い特殊造形だと感じたなら、いくらストーリーが面白くても作品としては成功とは言えません。
特殊造形のクオリティが重要視される理由について

特殊造形のクオリティを保つために必要なこと

特殊造形のクオリティを保つために必要なこと
高いクオリティが求められていることは分かりましたが、それを保つためにはどうしたら良いのでしょうか。
まずは経験豊富なスタッフ陣を用意するということです。
デジタル的なデータも必要にはなりますが、それだけではなく職人の経験や勘も大きな意味を持ちます。
気を付けたいのは、特定の分野の造形にだけ強くて、他の分野の造形には弱いということ。
専門分野に特化している業種なので多々あり得、製作物と同じ分野の特殊造形の経験があるかはとても重要視されるのです。
他にクオリティを保つうえで必要なことは、ずばりお金になります。
製作物次第ではかなりの金額となりますが、予算不足だと当然良い人材も良い材料なども使用できません。
そしてただの模型を作る感覚で仕事をしているとダメで、その特殊造形物がどこでどのように使用されるのかを把握しておかないとイメージと少し違うものになりかねません。
また製作は成功しても、それを扱う人に知識がないせいで、特殊製作物のクオリティが低下することもあります。
ブラストは、一般的なキャラクターものの特殊造形だけでなく、ロボットや戦隊系のコスチュームも製作可能です。
ブラストの代表者は28年もの長い間、造形の世界にいたので、高いクオリティが提供できます。
特殊造形は、実物か判断が付かないようなリアルさがとても大切でしょう。

特殊造形のクオリティを保つために必要なこと

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る