特殊造形のひとつ「アニマトロニクス」の凄さ

特殊造形のひとつ「アニマトロニクス」の凄さ

アニマトロニクスとは何か

アニマトロニクスはSFXの一種です。
SFXとは特殊撮影(特撮)を意味します。
特撮とは、フィルム、ビデオ映像に対して美術、光学処理などにより
特殊な視覚効果を施し、通常ではあり得ない映像を作り出す技術です。
アニマトロニクスとは、生物を模したロボットを使って撮影する技術です。
「アニメーション(動作)」と「エレクトロニクス(電子工学)」を
組み合わせた造語とされます。
日本の映画では、怪物や怪獣などは、着ぐるみが多いですが、
ハリウッドではアニマトロニクスが主流です。
ロボットが造形物の内部や人口皮膚の中に埋め込まれます。
恐竜やエイリアンなどは造形されますが、
骨格や筋肉や顔の表情は、コンピュータ制御のロボットで動かします。

SFXとVFX

SFXの対立概念はVFXです。
VFXは、特撮を用いた映画やテレビドラマで、現実には見ることのできない
画面効果を実現するための技術のことを指します。

両者の違いは次の点にあります。
SFX・・・撮影現場での効果
VFX・・・撮影後のポストプロダクション段階に付け加えられる効果。
VFXの代表はCGです。

アニマトロニクスの凄さ

最近ではVFX、CGが主流です。
しかし、他方でアニマトロニクスも根強い人気があります。
SFアクション映画『リアル・スティール』のVFX監督を担当した
ジョン・ローゼングラントもその一人です。
ローゼングラントは、アニマトロニクスは特撮の効果を
よりリアルなものにすると次のように語っています。
「俳優たちが反応することができる、何かリアルなもの(実体のあるもの)を
提供しますし、CGで製作された対の片割れに、
非常に役に立つ参考基準にもなります。
このような効果には何も手を加える必要がないので、
効果をよりリアルに見せることが可能です。
キャラクターの外見がどのようなものかという情報が眼前に見えているので、
想像する必要はありません」

アニマトロニクスは、CGロボットにとって
素晴らしいリファレンス(参考基準)を提供するのです。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index




TAG index
TAG index
 





ページ上部へ戻る