子供向け特撮ヒーロー作品で用いられる特殊効果

子供向け特撮ヒーロー作品で用いられる特殊効果

子供向け特撮ヒーロー作品

日本での子供向け特撮ヒーロー作品の源流の一人は、円谷英二氏です。
円谷氏は『キングコング』などに影響を受けて特撮を研究し、
怪獣映画などを通して1950年代以降に特撮映画を独自に発展させ、
社会に大きな影響を与えました。

円谷氏は、テレビドラマでは『月光仮面』、『七色仮面』など
等身大のヒーローが活躍する特撮ヒーロー作品を制作しました。
1966年には『ウルトラマン』を放送しました。

1990年代以降は、CGなどのデジタル技術を活用した特撮が普及し始めました。

子供向け特撮ヒーロー作品の特殊効果

迫力のあるシーンは、あくまで実写で撮るのが基本です。
その上で、CG効果を加えます。
その方が迫力のあるシーンに仕上がります。

最近のCGの技術は、非常に進んでいます。
技術を追求するのも、一つの方法です。
しかし、CGで処理し過ぎると実写の緊張感や迫力が薄れてしまいます。
特殊効果では、実写とCGのバランスが重要です。

子供向け特撮ヒーロー作品の目線

子供向け特撮ヒーロー作品の目線は、当然子供の目線です。
日本の子供向けの特撮ヒーロー作品は、大人も見ています。
例えば「ウルトラマン」シリーズなどが良い例です。
そういう意味で純粋に子供向けとは言えない側面があります。

しかし、『ウルトラマンメビウス』は、子供を純粋に対象にしています。
特撮を担当した根岸泉は、次のように述べています。
「僕としては、自分が怪獣映画やウルトラマンシリーズにわくわくした
子供の頃の自分を楽しませるつもりで取り組んでいます」

ご当地ヒーローの増加

最近では、ご当地ヒーローも増加しています。
例えば、兵庫県明石市のご当地ヒーローに「シゴセンジャー」がいます。
名前の由来は、明石市を通る子午線からきています。
ご当地ヒーローは、地域興しにも一役買いそうです。
今後、ご当地ヒーローを主人公にした子供向けの特撮ヒーロー作品が
増加するかも知れません。

一覧に戻る

zeppet

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index




TAG index
TAG index
 





ページ上部へ戻る