映像制作の過程~技術編~

映像制作の過程~技術編~

ビデオ制作時に求められる技術力

映像制作に欠かせない要素となるのがこのビデオ撮影です。
これはカメラマンの高い技術力が求められますが、
この他にも撮影場所や機材の搬入、
モデルの選定など、様々な問題点をクリアしていく
必要性があります。
特に野外での撮影の場合は、
ロケーションと天候に非常に左右される結果となるため、
撮影時間が当初の予定よりもはるかに伸びる可能性もあります。

お客様のご要望を忠実に再現

ビデオ制作時には、よりクリアな映像をご提供できるように
ハイスペック一眼レフカメラを使用して
撮影されることが一般的です。
また照明の配置や自然光の取り入れ方を最も重視しながら、
テレビやパソコンなどで動画再生をした時に、
鮮明な色彩を表現できるよう
ディレクターとの打ち合わせを徹底しています。
そして映像制作に欠かせないのは
カメラマンの技術だけではありません。
これをバックアップするライト担当や編集担当、
ディレクターの存在も完璧な映像制作をする上では
必要不可欠なのです。

編集担当の技術力とは

主に映像制作の編集とは、
映像を消したり繋ぎ合わせたりする基本的な作業から、
タイトル部分の文字挿入、テロップの配置、
場合によってはエフェクトと呼ばれる特殊効果を
シーンに取り入れることもあります。
これはビデオ制作段階では行えない技術であるため、
編集作業でいかに理想的な状態に仕上げるかが
ポイントとなってきます。
また、コンピューターグラフィックの映像とは異なり、
ベースとなる実写を活かした編集作業が問われるために
高い技術力と完成度が求められる仕事です。
そして映像制作の最後の作業である音の創造も
この時に行われます。

一覧に戻る

mercari1

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る