映像制作の過程~企画・制作編~

映像制作の過程~企画・制作編~

プロデューサーの主な業務とは

企画・制作を行うプロデューサーとは
一般的にどのような仕事なのでしょうか。
特に映像制作において耳にする職種ではありますが、
具体的にどのような業務をされているのかは
あまりご存知でない方も多いことでしょう。
まずプロデューサーは企画・制作を全般に行う業務ですが、
その中でも作品の映像制作の広告費からスタッフの人件費、
そして映画製作に使用される小道具などの調達や
予算の管理を全て任され、
また営業などの責任も負うことになる非常に重要な職業です。
1つのプロジェクトに対して
非常に重圧のかかる内容であることは間違いありませんが、
仮にこれでミスをおかしてしまうと
取り返しのつかないことになり、
後々仕事が減ってしまう可能性もあります。
映像制作だけではなく、
動いているお金の流れが把握できるだけに
商業目的の面でも能力を問われることになります。

映像制作の基本的な流れとは

映像制作は、まずお客様の目的や狙い、
最終地点となる方向性などを打ち合わせで
確認した上で制作することになります。
打ち合わせではお客様が求めている内容を明確にするために
問題としている部分を具体的にお伺いし、
何をターゲットとして、映像制作で何を得たいのかを
細かく決めていくことになります。
これが確定すれば、いよいよ企画・制作の段階に入ります。
お客様が求めている映像の長さ、
参考資料の有無などを予めお伺いした上で
映像制作に必要とされるおおよその期間と費用、
そして完成までのスケジュールについてお伝えします。
このように映像制作にはお客様のご希望を第一優先として
目的に合わせたものをご提供しております。
映像制作に関してご不明な点がありましたら
お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

mercari1

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る