お役立ちコラム集

マーケティングによる動画コンテンツ導入の効果

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの相違点を含めて、マーケティング視点で動画コンテンツの導入を提案します。インバウンドマーケティングは顧客にWebサイトを見つけてもらうという「量」に、
一方コンテンツマーケティングは、利益につながる行動を起こす「質」のいい客を育てる方法論です。動画の場合、理解を高めて質の高い顧客を作る点でコンテンツマーケティングが活用されます。
自社サイトに動画を導入した結果、多くの企業が“売上アップ”や“利益アップ“に成功しています。動画から企業サイトへの誘導、資料請求まで一連の流れが確立するのです。
テレビのコマーシャルを打とうものなら莫大な費用がかかりますが、それに劣ることなく、高いブランド認知を得ることができます。

 

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングは、重点を置くところが違います。インバウンドマーケティングは顧客にWebサイトを見つけてもらうという「量」に、一方コンテンツマーケティングは、利益につながる行動を起こす「質」のいい客を育てる方法論です。

・・・つづきはこちら

自社サイトに動画を導入した結果、多くの企業が“売上アップ”や“利益アップ“に成功したことをご存知でしょうか。テレビのコマーシャルを打とうものなら莫大な費用がかかりますが、それに劣ることなく、高いブランド認知を得ることができます。

・・・つづきはこちら

コンテンツマーケティングとは、顧客が必要な情報を把握し、それをコンテンツとして提供して、顧客の購買行動を引き出す手法です。現在の不況の出版業界には、この手法が必要とされています。

・・・つづきはこちら

コカ・コーラ社は、コーポレートサイトの「コンテンツマーケティング対応」に最も力を注いでいます。また、コンテンツ動画によって2日間で新規顧客を1万2000人獲得した中小企業も。

・・・つづきはこちら

近年、Webテクノロジーの進化とインターネット環境の整備に伴って、動画をマーケティングに活用する重要性は増大しています。ある企業の動画は、5億円以上の広告効果がありました。

・・・つづきはこちら

インターネットの普及に伴い、自社コンテンツのPRとして、従来のテレビや雑誌といった媒体以外での可能性が広がりました。特に注目を集めているのが、Youtubeを活用したPRです。

・・・つづきはこちら

自社コンテンツのキャラクターを活かすために、アトラクション向け映像を採用するケースがあります。アトラクション向け映像には、「見る」だけでなく、実際に参加してもらえる点があります。

・・・つづきはこちら

ご当地キャラクターとは、地域ごとの特産品や観光地やイベントなどを、外に向けてアピールするために創りだされたキャラクターです。「ゆるキャラ」とも呼ばれることもあります。

・・・つづきはこちら

効果的なマーケティング手法であるコンテンツマーケティングにおいて、感情に直接訴えかけて親近感を与える、動画化されたキャラクターの使用は非常に有効であり、今後一層増えていくでしょう。

・・・つづきはこちら

マーケティングに利用するコンテンツの中でも、口コミで広がりやすい動画の利用は非常に有効です。ソーシャルメディアを活用し、作成した動画を多岐に渡って利用することもできます。

・・・つづきはこちら

コンテンツマーケティングにおいて、今もっとも注目されている動画コンテンツは、自社だけでなく他企業メディアと連携することにより、さらに効果的な活用が期待できます。

・・・つづきはこちら

時間に左右されず、自由に視聴できる動画によるマーケティングはネット時代にかかせない媒体となっています。動画の視聴から商品の購買につながる割合は高く費用対効果の大きな手法といえます。

・・・つづきはこちら

字幕付きの動画は、再生回数も多く、視聴者の理解を得やすいため、購買につながる可能性がより高いといえます。文字情報が映像によりインパクトを与え強く印象に残ります。

・・・つづきはこちら

動画広告には静止画広告以上の訴求効果があります。CTRを向上させるためすきま時間でも気軽に視聴しクリックにつながるよう、再生時間や視聴する時間帯を踏まえて提供することが必要です。

・・・つづきはこちら

 


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る