マーケティングに動画を活用する重要性

マーケティングに動画を活用する重要性

2014年は「動画元年」

近年、Webテクノロジーの進化とインターネット環境の整備に伴って、
Web動画を自社のマーケティングに活用する企業が増えています。
2014年に入ると、動画を使ったマーケティングの重要性は益々高まっています。
そこから業界関係者は、2014年を「動画元年」と位置付けました。
しかし、多くの企業はマーケティングで動画をどう活用すべきか悩んでいるようです。

例えば、

・ネットで動画を活用したいけど、何をすべきかわからない!
・もっと多くの人に動画を見てもらうにはどうしたらいいのか?
・動画の効果はどうすれば検証できるのか?

成功事例の紹介

2013年11月、タイヤのネット通販のオートウェイは、
タイヤ の販促用の動画をYouTubeに公開しました。
ユニークな表現方法がネットで直ぐに話題となり、
動画は累計で700万回以上も再生されました。
動画の広告効果は、実に5億円以上でした。

この事例は、国内外の多くのメディアで紹介されました。
その結果、同社の動画を活用したマーケティングは、
従来の広告では想像できないほどの成果をもたらしました。

動画を見てもらうには

YouTubeにただ動画を投稿しても、
多くの人には見てもらえません。
潜在的な顧客に動画を見てもらうためには、
リスティング広告の仕組みを利用しましょう。
潜在的な顧客が入力するキーワードを選定し、
検索エンジンから集客をするのです。

マーケティング手法を利用すれば、
動画コンテンツでさらに顧客を獲得することができるでしょう。

一覧に戻る


事業内容

 

リンク

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index


TAG index
 








ページ上部へ戻る