インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違い

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの違い

2つの言葉はほぼ同じ

マーケティングを考える際に
この2つの方法は必ずと言っていいほど使われます。

一見横文字で意味が分かりにくいですが、
結論から言うとどちらも本質的には同じ物です。
どちらも、コンテンツによってWebサイトに集客し、
問い合わせの機会を増やして売上を得ていく方法論としてほぼ違いはありません。

インバウンドマーケティングとは「量」

言葉が分かれている意味として、
重点を置くところが違うことがあげられます。
インバウンドマーケティングは、
一方的に売り込むのではなく、
顧客にWebサイトを見つけてもらうという「量」に重点があります。
キーワードを検索エンジンにかければ
上位にあがってサイトを見つけてもらえる、
という方法もインバウンドマーケティングの一つです。

コンテンツマーケティングとは「質」

一方コンテンツマーケティングは、
既存の客に対し価値のあるコンテンツを提供していくことで読者の関心を引き寄せ、
利益につながる行動を起こさせるというマーケティング手法です。
コンテンツを使うことで、より価値の高い顧客を育てるための幅広い実践法です。
インバウンドマーケティングで客を増やして、
コンテンツマーケティングで客の質を高めるものとして考えられます。

動画コンテンツは内容を重視しよう

ブラストではこのコンテンツマーケティングを使った
動画プロモーションを提案しています。
深く知ってもらえる宣材として動画コンテンツを作成してみませんか。
映像には理解のある上質な常連客を増やす効果が期待できます。

一覧に戻る


事業内容

 

Pick Up

TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index
TAG index





TAG index
 





ページ上部へ戻る